蒲生サッカースポーツ少年団

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

10月16日(日)4年生リーグ第3節(最終)

【試合結果】

蒲生 0-2 永源寺

【戦評】
4年生リーグ前期最終試合は、0-2と完敗しました。
2週間前に東近江市の大会で負けた相手に2度も負けてしまいました。
敗因は、リーグ戦開始当初の蒲生らしいサッカーが全く出来ていない事です。先ずは、2トップの関係ですが、ダイキの動きにユイトの動きがかぶっていて2トップの意味が全く無かった。
その為、後半はユウダイの1トップとした。また、1トップにしたのは、相手の16番、19番のキープレーヤーが頻繁にポジションえを変えて来ていたので中盤の運動量を上げる為にダイキを1つ下げて2ボランチにする為。
今までの対戦チームでは、キープレーヤーは大半が1人であったので、マンマークなら対応出来ていた。
しかし、永源寺は2人のキープレーヤーが頻繁にポジションを入れ替えてくるのでマークが付ききれていなかった。このようなチームには、マンマークではなく、ゾーンディフェンスをし、マークの受け渡しが必要となる。
まだゾーンディフェンスを教えていないのでしょうがないのですが、今後はこのあたりを指導していく必要が出て来ました。
あと、攻撃面で、サイドバックがサイドをドリブルで上がって行く時に、センターバックがサポートに入り、詰まった時にはボールを下げてバックラインで立て直しが出来るようにしていたのが、今日はサポートに全く入らず、遠くでボールヲッチャーになっていた。
何故出来なくなったのか?
もう一度、やり直す必要が出て来ました。
このままでは、後期は大きく順位を落としてブロック大会への出場を逃しかねません。
危機感を持ってもう一度、蒲生のサッカーを思い出して欲しいと思います!

| ブログ | 01:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT